ホンダヴェゼルの値引き/競合車/基本スペック「価格、燃費、グレード」情報

ホンダヴェゼルは昨今人気急上昇中のSUVのカテゴリの中でも割とコンパクトなサイズの車となっております。

発売開始が2013年となっており、2016年にマイナーチェンジされています。

ここ数年はSUVという大きなカテゴリの中でもかなり多くの販売台数があり、人気の高い売れ筋車種。

このヴェゼルをこれからご検討されているという方もまだまだいらっしゃると思いますが、どうせ買うなら限界まで値引きをしてもらいできる限り安く購入出来る事が望ましいのではないでしょうか?

こちらではそんなご要望にお応えできるヴェゼルの値引き情報や基本的なスペックの内容について記載しております。

ホンダヴェエルの値引き情報/競合車種/価格、グレード、燃費など基本スペック

まずはヴェゼルの値引き情報からお届けいたします。

ヴェゼル値引き相場と限界値引き

値引き相場・・・20万円

限界値引き・・・30万円

マイナーチェンジから既に1年を経過しており、値引き金額も割と落ち着いてきている状況です。

元々の車両本体価格を考えるとこれ位の値引き金額が妥当かと思います。

しかし、ヴェゼルハイブリッドであれば今後の状況次第で35万円位まで限界値が上がってくるのではと思います。

2017年の9月中間決算辺りは少し期待できる可能性があります。

商談に関しては落ち着いてきている状況を考えれば難易度「中」程度で、競合車種を一台選別して当てて行けば問題なく値引き相場程度の金額であれば引き出す事が出来るでしょう。

ヴェゼルの競合車一覧

ヴェゼルの値引き商談をする際に知っておきたい競合車を3台程リサーチしました。

内容としては同じコンパクトSUVとなり、激戦区と言ってよいでしょう。

でそれぞれ人気のある車となります。

ヴェゼルの競合車①トヨタC-HR

競合 C-HR ヴェゼルとの比較
価格 251万円〜290万円 ヴェゼルの方が安い
燃費 15,4km/L〜30,2km/L ヴェゼルの方が燃費良い
サイズ 4360・1795・1550 CH-Rの方が大きい

ヴェゼルとC-HRを比較してみると、価格面でヴェゼルの方が非常に優位であることが分かります。

同じコンパクトSUVでありながら少しコンセプトの異なる車種になりますので、ヴェゼル購入の際にC-HRを持って行くとしたら価格以外の所を比較していて、そこを埋める為の値引きの話しに持っていければ良いでしょう。

ヴェゼルの競合車②マツダCX-3

競合 CX-3 ヴェゼルとの比較
価格 237万円〜306万円 ヴェゼルの方が安い
燃費 21,0km/L〜23,0km/L ヴェゼルの方が燃費良い
サイズ 4275・1765・1550 ほぼ同等

CX-3との比較では燃費はヴェゼルの方が良いですがディーゼルエンジンのため燃料費という意味ではCX-3に軍配が上がります。

車両本体価格に関してはコンパクトSUVの中ではかなり高額な車種となりますので値引き率から算出される値引き金額の割合も同様に高い傾向にあるでしょう。

ただ、昨今ではマツダの車の値引きは非常に厳しくなっているので競合車として出すにしてもあまり良い結果にならない可能性もあります。

ホンダヴェゼルの基本スペック、特徴

価格 192万円〜288万円
燃費 20,6km/L〜27,0km/L
サイズ 4295・1770・1605
排気量 1496CC
乗車人数 5人乗り

ヴェゼルはコンパクトSUVというジャンルでありながら多くの層から人気があります。

中にはファミリーカーとして利用される方もおります。

価格、燃費、サイズのバランスが良くとれており人気になる理由も分かりますね。

車両本体価格に関してはエントリーモデルが200万円を切っているので、そういった意味では購入しやすい車になります。

この車の口コミ、ユーザー層

ヴェゼルの口コミをまとめておきます。

ユーザーの方や試乗した方の情報になりますが全体的に評価は高く感じました。

・同じコンパクトSUVの中では割と広く感じて家族用でも検討できると感じた。

・グレードを選べば200万円前半で購入出来るので手を出しやすく感じた。値引きもそこそこしてもらえたので購入の決め手となった。

・コンパクトSUVを比較してみましたが、色々な事を考えるとシンプルなデザインのヴェゼルを選ぶことにしました。

・ハイブリッドは少し金額が高めではありますが、長く乗ることを考えたら燃費の良いハイブリッドを選んでよかった。

・1500CCとは思えない良い走りをします。運転が思ったよりも楽しくなりました。

色々なご意見がありましたが、中には故障が多い、長距離の運転でお尻が痛くなる等の意見も見られました。

ヴェゼルの商談方法

ヴェゼルの購入時にディーラーで商談を進めるにあたっては難易度が中程度という事になりますので上で記載されている競合車を一台ぶつける事でネット上に挙げられている平均的な値引きを引き出す事は可能でしょう。

ヴェゼルの限界値引きを引き出すには、少しタイミングを見計らう事を検討してみましょう。

急いでいる訳でなければ9月、3月の決算の時期。

7月、12月のボーナスの時期。

1ヶ月の中では月半ば以降の商談。

更に周辺にホンダディーラーが幾つかあるようであれば値引きの引き出しやすい店舗などリサーチをする事で限界値引きが見えてきます。

少し手間が掛かってしまうと考えられますが、平均的な値引き金額よりも何万円か多く値引きを引き出せるのではないかと思います。

この車をさらに安く購入する方法

現状ヴェゼルは20万円〜30万円の値引きが相場となっておりますが、もう少しであれば値引きの上限幅が広がるのではないかと予想しています。

しかし、他にも車両本体から値引きをする方法があるのを皆さんもご存知なハズです。

それは現在乗っている車がある場合はこの車を下取り、買取りしてもらうことです。

今乗っている愛車ですが、割と多くの方が未だにディーラーで下取りしてもらうという事をしているようです。

買取の検討をした事がある方はどれ位いるでしょうか?

検討はしたけど、結局アクションをせずにディーラーに下取りに出してしまっている方はどれ位いますか?

これまで下取りに出していた方には非常に残念ですが、ディーラーの下取りよりも買取業者の買取価格の方が金額が高いという傾向があります。

それも少しだけではなく、場合によっては数十万円もの差がつく場合があります。これって場合によっては一ヶ月分のお給料と同じ位変わるって事になりますよね。

ではどうしたら買取価格と下取り価格を比較出来るのかと言いますと、買取相場をネットで確認するだけ。

ディーラーの下取り価格に関しては、車の試乗に行った時にいくらでも教えてもらえます。

ここで、既に買取価格の金額を知っていたらどれ位の差があるかは一目瞭然です。

これまで買取を考えていなかった方には是非一度知って得してもらいたい情報になります。

ネット査定は公式サイトで簡単な内容を入力するだけですぐに相場を確認できる仕様になっているので、どんな方でも安心して利用できてしまいます。

スポンサードリンク