ホンダステップワゴンスパーダにハイブリッドが遂に登場!スペックなど最新情報

ホンダのミニバンステップワゴンスパーダがハイブリッド設定を追加して2017年9月マイナーチェンジになります。

今回のビッグマイナーチェンジで、ステップワゴンスパーダにこれまで設定の無かったハイブリッドの設定が追加される事で注目を集めています。

これまで競合社のトヨタヴォクシー、ノア、日産セレナに少し遅れをとっておりましたが一気に巻き返しを測ったモデルになりそうです。

既にハイブリッド設定を持っているミニバンは多くありますが、ステップワゴンは違った方向へ行っていたのではないかと思います。

1,5Lターボエンジンのミニバンは国内にはありませんし、ホンダ独自のバックドアの横開きであるわくわくゲートも使い勝手は割と良いと評判になっています。

これに加えて燃費をカバー出来るハイブリッドの設定が入りますので、これでようやくスタート地点に立ったと言っても良いのではないでしょうか。

ステップワゴンスパーダハイブリッドの仕様情報!価格や燃費、その他スペックを総まとめ

今回はビッグマイナーチェンジになりますので、ハイブリッドに加えて変更点がいくつかありますのでその辺りを確認していきましょう。

ステップワゴンハイブリッドはSPORT HYBRID i-MMDを採用

どんな速度域でも滑らかな加速をするというSPORT HYBRID i-MMDを採用されております。

そもそもi-MMDはアコードハイブリッドに採用されていたもので、エンジンは発電をしその電力でモーターを駆動させるというものになります。

基本的に速度をあまり必要としない状況で実力を発揮し、高速など100km以上の速度で走る場合にはハイブリッドからエンジンに切り替えるというイメージになるのではないかと思います。

なので新型ステップワゴンスパーダハイブリッドではバッテリーで走る「EVドライブモード」とモーターで走る「ハイブリッドドライブモード」エンジンで走る「エンジンドライブモード」の3つを切り替えて走るミニバンになります。

ホンダセンシングに2つの新機能追加

安全性能に関する装備は強化されており、一昔前と比較してもだいぶ色々な部分を車自体が制御出来るようになりました。

新型ステップワゴンスパーダハイブリッドにはこれまでのホンダセンシングに加えて2つの安全機能が追加装備となります。

 

①渋滞追従機能付アダクティブクルーズコントロール

前を走る車に追従走行する機能に加えて、停止までの動作も行う事が出来るようになりました。

これにより渋滞時でもオートマチックな運転を実現できるようになります。

②歩行者事故低減ステアリング

歩行者側の車線を逸脱した場合に警告、さらに歩行者に追突しそうば場合には自動的に歩行者を回避するようにステアリングが自動的に動くというものになります。

事故を回避する為の新機能になりますが、基本的にはドライバーが安全に運転する事が必要であることは言うまでもありません。

いずれの機能も車自体が自動的に判断し行う動作になりますが、状況により必要な動作を行わないケースも考えられます。

やはりハンドルを握る方がルールに基づき車に乗る事が必要となりますが、こういった機能がある事は非常に心強く思います。

マイナーチェンジでフロントデザインも変更へ

機能の追加もありますが外観にも変化があり、一番目立つフロント部分のデザインが変更になります。

見た目に関しては賛否両論ありますが、やはり新しいデザインと言うのは非常に新鮮さがありモデルチェンジ後の車を購入する場合は特に新しい車に乗っていると言う気分を味わう事ができます。

同じステップワゴンスパーダ同士を比較してもフロント部分は完全に変更されている事が一目で分かります。

イメージとしては少し鋭くなったように感じます。

新型ステップワゴンスパーダハイブリッドの価格

購入を検討されている方が重視される部分で比重が高いのが価格になるのではないでしょうか。

と言う事でマイナーチェンジ後のステップワゴンスパーダハイブリッドの価格を見てみましょう。

スパーダB ホンダセンシング「330万円〜」

スパーダ ホンダセンシング「335万円〜」

スパーダG EXホンダセンシング「355万円〜」

現在の情報だとざっくりこんな価格になるそうです。

因みに新型ステップワゴンのガソリン車の価格は228万円〜299万円と言う事なのでガソリンモデルの最上位グレードとハイブリッドのエントリーグレードを比較してもハイブリッドの方が30万円程高額になりそうです。

価格面では、競合社との比較もされると思いますがトヨタのノア、ヴォクシーハイブリッドは301万円〜326万円、同じくトヨタのエスクァイアハイブリッドが315万円〜335万円になっており額面だけを見るとエスクァイアハイブリッドよりも金額が高い車と言うことになりそうです。

競合車が先行して車を出している中敢えてそれよりも高い金額でリリースされるというのは自信の現れなのでしょうか。

また、残念なことにハイブリッドは8人乗りという仕様がなく7人乗りのみの設定になっていますのでご注意ください。

新型ステップワゴンスパーダハイブリッドまとめ

これまで少し違った方面から攻めてきていたステップワゴンでしたが、やはり王道を外すことはできなかったという所でしょうか。

競合他社と比較して燃費の面でどうしても比較落ちしてしまう所を補ったとも見る事ができます。

今回のマイナーチェンジではいくつかの目玉部分をご紹介させて頂きましたが、検討していただく為の基本的な知識を得て頂けていれば幸いです。

スポンサードリンク