マツダCX-5の値引き情報と価格、燃費、サイズ、競合車の情報/新車を安く買う

マツダCX-5は2012年に登場。

現在最新のものは2017年にフルモデルチェンジをされております。

CX-5はマツダの中でも非常に人気の高い車種となっており、現在もご検討されている方が多くいらっしゃるかと思います。

このCX-5の値引き情報と価格や燃費、競合車に関する情報をこちらの記事でお届け致します。

値引き情報/競合車種/価格、グレード、燃費など基本スペック

まずはCX-5の値引きに関する情報からお伝えいたします。

たまたま訪問したディーラや、タイミング、担当した営業マンの方によって購入するCX-5の金額が変わってくる場合があります。

これはそのタイミングでCX-5の値引きを十分に引き出せたかどうかで変わってきてしまいます。

どうせ買うなら少しでも安く買いたいと思うのが一般的な考え方だと思いますので、こちらに記載する内容をお役立ていただけたらと思います。

値引き相場と限界値引き

2017年モデルのCX-5は以前にも増して人気の高い車種です。

ミドルクラスのSUVとしてはトップクラスの人気がありますが、値引きをどれ位引き出すことが出来るのか把握しておきましょう。

CX-5の値引き相場・・・15万円

CX-5の値引き限界・・・30万円

モデルチェンジとなったCX-5は売れ行きもそこそこ、人気は抜群ということで車両本体価格の割には値引き出来る限界が低い所で推移しています。

値引き商談に関しても難易度は割と難しい状況で、担当営業マンと上手な駆け引きが必要になります。

CX-5の基本スペック、特徴

価格 246万円〜352万円
燃費 ガソリン車:14,6〜16,0km/L

ディーゼル車:17,6〜18,0km/L

サイズ 4545・1840・1690
排気量 ガソリン車:1997cc or 2488cc

ディーゼル車:2188cc

乗車人数 5人

CX−5はシンプルなデザインと、パワフルな走りをするSUVとしてオーナーからの支持は絶大なものがあります。

どちらかというと走りを重視したユーザーの心を捉えております。

このサイズの車になるとユーザーの層というのも厚く、若者から年配の方、独身者、ファミリー層まで多くのユーザーを囲い込めているようです。

クリーンディーゼル車は燃料費も安く上がるのでこの辺りも購入の決め手となっています。

CX-5の口コミ

CX-5に関しての口コミを見てみると非常に良い評価が多く、国産車のSUVとしてのレベルの高さが伺えます。

・外車からの乗り換えでしたが違和感なく非常に良い走りをします。他の国産車とは少し違いを感じました。

・インテリアはシンプルでありながら高級感もありゴチャゴチャしていない所が非常に好感を持てます。

・ディーゼルの走りだしに関しては走り出しで少し気になる程度ですが、そこからは力強さを感じる良い走りをしています。

・これまで乗ってきた国産車の中で抜群に良い車です。走り、内装、外装全てにおいて合格点をつけられる車です。

・SUVで家族で乗れる車でこれ程満足度の高い車はないと思います。価格はそこそこするものの長く大事に乗りたい車です。

特に走行性能、加速、トルクといったところを重視される方でSUVに乗りたいという方にはCX-5は非常にお勧めの車種です。

割とマツダが嫌いという方も実際に乗ってみると衝動買いしてしまう程の良さがあるということで、これまで食わず嫌いでマツダの車に乗った事のない方も一度試乗してみつ価値はありそうです。

競合車一覧

CX-5は競合ひしめくミドルクラスのSUVです。

他の同クラスの車も同様に人気が高いので競合車種を選ぶのには困らないでしょう。

CX-5の競合車種①トヨタハリアー

・価格・・・279万円〜399万円

・燃費・・・ガソリン車 16,0km/L ハイブリッド 21,0km/L

・サイズ・・・全長4720・全高1835・全幅1690

CX-5の最大の競合車はこのトヨタハリアーになります。

ネット上でもよく比較されておりますが、走りをとるならCX-5、内装等の見た目をとるならハリアーといった感じでしょうか。

人それずれ感覚は違いますので一概には言えませんが迷った時にはハリアーを競合車として出すのがベストかと思います。

CX-5の競合車②エクストレイル

・価格・・・223万円〜356万円

・燃費・・・ガソリン車 16,4km/L ハイブリッド車 20,6km/L

・サイズ・・・全長4640・全高1820・全幅1715

エクストレイルの場合は価格帯が非常によく似ており、かつSUVというカテゴリになるのでこちらも競合車として使われる車になります。

エクストレイルの方がどちらかというとアウトドア向けのイメージが強いように思いますが、旧型よりも丸くなり少しシティ派寄りになっています。

その他スバルフォレスターも競合車として考えられますが、フォレスターの場合は現状モデル末期なのでモデルチェンジ後には本格的に競合車として検討するのは良いでしょう。

商談のポイント

マツダの営業は現在のフロントグリル採用前と比較すると非常に強気の営業をしております。

さらに拍車をかけてCX-5は人気車種の為値引きをしなくても売れていく車となっています。

このCX-5の限界値引きを引き出すには、競合車とのしっかりとした比較とタイミングを見計らったディーラーへの訪問が必要です。

強気とは言え車の販売台数を伸ばさなければならないのはディーラーの宿命のためそういった部分を加味すればネット上に報告されている限界値引き程度であれば引き出す事は可能でしょう。

CX-5をさらに安く購入する方法

ここまでは値引きの話題を中心にしてきましたが、ここでさらにCX-5を安く購入するためにどのような手段があるのかをここから記載しておきます。

新車購入時の値引きというのはどうしても幅があり、限界も当然あります。

車を購入する際には今現在乗っている車がある場合は下取りを検討される方が多いと思いますが、これまで買取をした事はありますか?

もし買取をしてもらった事がないという方はネットで簡単な査定をして、買取の相場を先に調べてからディーラーへ行ってみてください。

基本的にディーラーの下取り価格よりも、業者の買取価格の方が高くなります。

カラクリは簡単で、ディーラーは下取りした車を中間マージンを取って買取業者やオークション等に出す訳です。

つまりディーラーで下取りをした場合は多かれ少なかれマージンが取られてしまうわけです。

であれば、自分でネット査定をして相場を知った上で同様の価格で下取りをしてもらうか、それが叶わないのであれば買取業者に出せば良いだけの事です。

車を買う際には大きな金額が動きますので、こういった部分に手を抜くと数十万円の損をしてしまうことが稀にあります。

どうせ高い車を購入するのであれば、そんな所で損をするのは勿体無いと思いませんか?

是非これまで買取価格を調べた事のない方はネットでできる簡単な査定をして相場の確認をしてみてください。

ここで下取りと買取の競合をさせるまでの流れをまとめておきます。

①ネットで自分の車の車種や年式を入力して買取相場を知っておく。

②新車の商談と下取り価格を把握する。

③買取の相場と下取りの価格を比較し下取り価格の上乗せの商談をするか買取に出す。

最近のネット査定では相場がすぐに出てきます。

公式サイトに簡単入力で上記のような結果がすぐに出てきます。

公式サイトはこちら

この流れで商談をしていけば「下取り価格」の上乗せが出来なかった場合でも買取に出せば下取り価格よりも確実に得をします。(基本的に買取価格の方が高額になるため)

車種問わずずどの車を購入する場合でもこの方法は有効です。

是非活用してみてください。

スポンサードリンク