マツダデミオの値引き情報と価格や燃費、競合車など基本情報

こちらの記事ではマツダデミオの値引き情報を中心とした内容と合わせて、デミオの価格、燃費、グレード、競合車などの情報について記載しております。

これからデミオの購入をご検討の方に詳しい情報を提供しております。

マツダデミオ値引き情報/競合車種/価格、グレード、燃費など基本スペック

まずはデミオの値引き情報について見ていきましょう。

デミオ値引き相場と限界値引き

デミオの値引き相場・・・10万円

デミオの限界値引き・・・15万円

マツダ車のコンパクトカーでモデルとしては1996年から発売されており10年以上の歴史のある車です。

マツダの方針が変わってから値引きに関しては非常に厳しい状況になっております。

これは2017年4月のマイナーチェンジも影響しており、当面はこの程度の値引きが続きそうです。

デミオの基本スペック、特徴

価格 138万円〜224万円
燃費 24,6km/L〜26,4km/L
サイズ 4060/1695/1525
排気量 ガソリン1298CC ディーゼル1498CC
乗車人数 5人

デミオのみならずマツダの車の大きな特徴の一つはクリーンディーゼルです。

パワーもあり、燃料が軽油になることで経済的にもお財布に優しい面を兼ね備えています。

走行性能の面で他のコンパクトカーとは明らかに違う部分があり、このサイズの車であっても走りを楽しみたいというユーザーには非常にオススメの一台です。

また、インテリアの質感に関しても他のコンパクトカーと比較してデミオが一枚上といった印象です。

シンプルでありながら、上のグレードにも装備されている「マツダコネクト」が目を引きます。(一部グレードには装備がありません。)

デミオの口コミ、ユーザー層

次にデミオの評判、口コミを見ていきます。

デミオの口コミや評判を見てみると、やはり評価は高くなっております。

・購入する予定ではなかったけれど競合の為見積もりを取りに行ってそのまま契約してしまいました。他のコンパクトカーより抜群に走りが良かったように思います。

・とにかく沢山走るので燃料費を抑える事の出来る車を探したらデミオにたどり着きました。走りも良いし、軽油はガソリンよりも安いので実際に以前乗っていた車の半分位の金額に抑えられています。

・とにかくマツダのレッドカラーの車に乗りたいと思いディーラーへ行きました。他の車種も魅力的でしたが、車両の価格などから買い替えをしても無理なく乗れる車がデミオだったので検討の末購入。内装がしっかりしていて素晴らしい車です。

・他の国産車の安っぽさと比較すると割とこのクラスにしては頑張っている方だと感じます。

・デミオだけではありませんがマツコネが使いにくい。

・もう少しデミオ本体の価格が安ければコスパ最高です。

割と感想などを見ているとコンパクトカーの中ではトップレベルであるという意見が多く目につきます。

また、沢山車に乗る方にとってはクリーンディーゼルはコストが掛からないという意見があります。ただ、オイル交換をマメにやらなければならないという逆の意見もありますので、この辺りは考慮した上で購入を検討された方が良いでしょう。

デミオの競合車一覧

デミオの競合車は国内でも力の入っているコンパクトカー市場の名車になります。

トヨタからアクア、ホンダのフィット、日産ノートこの3車種が競合でありライバル車になります。

デミオの競合車の価格

・マツダデミオ・・・138万円=224万円

・トヨタアクア・・・176万円〜243万円

・ホンダフィット・・・169万円〜222万円

・日産ノート・・・177万円〜245万円

デミオの競合車の燃費

・マツダデミオ・・・24,6km/L〜26,4km/L

・トヨタアクア・・・34,4km/L

・ホンダフィット・・・20、8km/L〜36,4km/L

・日産ノート・・・23,4km/L〜37,2km/L

基本的な価格の面と燃費の面をまとめて見ました。

競合車とは言っても割とバラバラだったりしますが、各社を代表するコンパクトカーになりますのでどの車を競合として商談に持って言っても問題はないでしょう。

特にモデル末期の競合車があればその車種は値引きを引き出しやすいので少しリサーチの上車種を選ぶと良いでしょう。

デミオ商談のポイント

デミオだけではなくマツダの車を購入する際の値引きはだいぶ厳しい状況が続いております。

それでも基本的な値引き商談の方法は当初と変わらず競合車を一台検討して商談のネタとするのがオーソドックスな方法になります。

それでも値引きの平均金額と限界値引きで数万円程差がついておりますので、この価格差を埋められるように商談の時期を決算期に持って行ったり、同じマツダディーラーであっても違う店舗でのデミオ同士の競合をするなどしても良いと思います。

ここまでやれれば基本的には限界値引きまでは引き出せる可能性が非常に高くなってきますので、デミオ自体の値引きはある意味そこまで難易度が高い訳ではないかもしれません。

とにかく出来る限り多くのマツダディーラーで話をするということが商談のポイントとなります。

デミオをさらに安く購入する方法

デミオの値引き金額は冒頭でもお伝えさせていただいている通りそこまで大きな金額ではありません。

これは元々の車両本体価格もそこまで大きくないという事も理由として挙げられます。

こういった場合は特に車を安く購入する場合に今乗っている愛車の査定額が安く購入できるかどうかを大きく左右します。

もしもディーラーの下取りだけを参考にそのまま出してしまう予定であればそれは非常にもったいないです。

値引き金額が大きくないからこそ自分の車の金額を高くしてもらい、できる限り高額査定をしてもらうというのが一番安く購入する方法となります。

そのためにはディーラーからの下取り価格だけではなく、ネットで簡単にできる査定をしておくことが必須になります。

今では無料で自分の車の買取相場がどの程度の金額になるのかを簡単に確認できますので、先にご紹介させて頂くネット査定を先行してやっておくことをお勧めします。

ディーラーへ行って何も知らないよりは、先に相場を知っておくことでどの程度違ってくるかは一目瞭然で確認できるからです。

そうでなくとも今乗っている車がどれ位の金額で買取されているか知りたいという方はネット査定をして見てください。

買取価格は下取り価格よりもほぼ高くなると考えて間違いありません。

数十万円損するケースもあるので前もって確認して見てください。

ここで下取りと買取の競合をさせるまでの流れをまとめておきます。

①ネットで自分の車の車種や年式を入力して買取相場を知っておく。

②新車の商談と下取り価格を把握する。

③買取の相場と下取りの価格を比較し下取り価格の上乗せの商談をするか買取に出す。

最近のネット査定では相場がすぐに出てきます。

公式サイトに簡単入力で上記のような結果がすぐに出てきます。

公式サイトはこちら

この流れで商談をしていけば「下取り価格」の上乗せが出来なかった場合でも買取に出せば下取り価格よりも確実に得をします。(基本的に買取価格の方が高額になるため)

車種問わずずどの車を購入する場合でもこの方法は有効です。

是非活用してみてください。

スポンサードリンク