[新型]マツダCX-8が2017年に登場!3列シートSUVはミニバンユーザーを取り込めるのか?

マツダからSUV最上ランクになるCX-8のリリース時期が発表されました。

2017年12月14日に発売という事で、既に色々な情報が飛び交っています。

こちらの記事ではCX-8に関する情報を提供していきたいと思います。

マツダCX-8の最新情報!SUVがミニバンユーザーを囲い込めるか?

CX-8は国内でラインナップされているマツダ車の中で一番大きなサイズのモデルとなり、6人乗りと7人乗りのモデルが用意されます。

競合車は同じカテゴリであるSUVよりもファミリー層向けのミニバンの方が適しています。

まずは基本的なスペックから確認してみましょう。

CX-8の基本スペック

グレード 価格
XD 2WD 3,196,800円
XD 4WD 3,429,000円
XD PROACTIVE 2WD 3,537,000円
XD PROACTIVE 4WD 3,769,200円
XD L Package 2WD 3,958,200円
XD L Package 4WD 4,190,400円

価格は320万円〜420万円といったところです。

エンジンは2.2Lディーゼルエンジンのみの設定でグレードは3種類になります。

CX-8のサイズには全長4900mm、全幅1840mm、全高1730mm、ホイールベース2930mmになります。

CX-5のサイズが全長4545mm、全幅1840mm、全高1690mm、ホイールベース2700mmという事で全体的なサイズ感を掴んで頂けるのではないでしょうか。

燃費はJC08モードで17,6km/Lとこのサイズにしてはそこそこ良い燃費を叩き出しているのではないでしょうか。

CX-8のデザイン

CX-8のデザインについては、やはりこれまで培ってきたフロントデザインはそのままとなっており素人目ではフロントのデザインからCX-5とCX-8の見分けはつかないように思います。

全長のサイズがCX-5とは大きく異なるので、強いてこれまでのマツダSUVと比較して見ると圧倒的に大きく見えると言えます。

インテリアの全体的な画像を見てみるとやはりCX-8の方がゆったり感があるように思います。

仮に3列目を使わずに4人で乗った場合などはゆとりのある空間になりそうです。

CX-8とミニバンの比較

今回これまでの箱型ミニバンという選択をせずにSUVで6人、7人乗りサイズを出してきている所には挑戦を感じます。

競合他社には同じカテゴリでこのサイズの車は非常に少なく限定されており、人気の出たCX-5と同じようなデザインでリリースされるのはこれまでのミニバン市場にメスを加えるような状況になりそうです。

ここから人気が大きくなった場合にはSUVの3列シートという車種がいくつか出てくる可能性も考えられます。

ただ、現状では乗れる人数を考えるとどうしても競合車はミニバンになってきます。

この辺りを比較してみましょう。

CX-8の価格:320万円〜420万円

ヴォクシーハイブリッドの価格:301万円〜326万円

ヴェルファイアの価格:319万円〜671万円(ロイヤルラウンジを除く)

ヴェルファイアハイブリッドの価格:411万円〜703万円(ロイヤルラウンジを除く)

ざっくりではありますがミニバンとの価格を比較してみるとヴェルファイアの価格帯が一番近い所になります。

居住性はヴェルファイアに軍配が上がりそうですが、走りの部分では2,2LディーゼルエンジンのCX-8の方が楽しく運転をする事ができるように思います。

CX-8の燃費:17.6km/L

ヴォクシーハイブリッドの燃費:23.8km/L

ヴェルファイアの燃費:11.6km/L〜

ヴェルファイアハイブリッドの燃費:18.4km/L〜

入れる燃料は違ってきますが、単純に燃費を比較してみるとヴェルファイアハイブリッドの燃費が一番近いようです。

このサイズの車になりますのであまり良い燃費は期待しない方が良さそうです。

CX-8の情報まとめ

発売までまだ少し期間があり、競合車も色々な視点から選ぶ事が出来そうです。

今回のCX-8の場合は5人以上の家族が入る事や、通年で大人数の人を乗せる機会のある方がターゲットになってくるのではないでしょうか。

また、箱型のミニバンよりも走りに関しては群を抜いて良いのでファミリー層の中でもドライビングを楽しみたいには適切な一台になります。

今後も情報が更新された際にこちらの内容も追記して行きますので、また覗いて見てください。

スポンサードリンク