日産ノートe-POWERの値引きと価格、グレード、燃費、競合車の詳しい情報

今回こちらでは日産ノートe-POWERに関する値引き情報を中心とした内容をまとめておきます。

値引き情報以外に価格やグレード、燃費、競合車種についても詳しくまとめてありますので立ち寄ってもらえたら幸いです。

日産ノートe-POWERの値引き相場情報とトータルスペック情報

2016年11月に発売されたノートe-POWERはコンパクトカーとして燃費と走りを両立したモデルとなっています。

発売から少し時間の経過もあり、段々と値引きに関しても緩みはじめており購入もしやすくなってきています。

まずは、現状の値引き金額はどれ位なのか確認していきます。

ノートe-POWERの値引き金額詳細

ノートe-POWERの値引き金額に関しては、だいぶグレードによって左右されているようです。

低いグレードの場合は5万円〜10万円程度、最上位グレードであれば最高で40万円の値引き報告が確認できております。

どちらも車両本体の値引きとオプションの値引きを合算しての金額になりますが、全体の相場としては20万円前後の値引きは無理なくいける範囲といった所になります。

それでも目標としてはオプション+車両本体20万円という所を目指して商談出来る車種であるという認識で良いと思います。

一番下のエントリーグレードに関しては、そもそも車両本体価格が200万円を切っており値引きを引き出すのは少し困難かもしれません。

とは言え、交渉無しで購入するというのは勿体無いのでこのケースの場合もしっかりと値引き商談をすることをお勧めします。

ノートe-POWER商談前に知っておきたい基本スペックや競合車情報

商談でディーラーを訪問する前に、ある程度どんなグレードがどれ位の価格で、特徴はどのような内容なのかという事は知っていた方がスムーズに話を運べます。

こちらで価格、グレード、燃費、競合車種などの基本情報をまとめておきます。

ノートe-POWERの価格、グレード、燃費

ノートe-POWERの主要グレードの価格と燃費一覧をまとめました。

価格 燃費
e-POWER S 1,772,280円 37.2km/L
e-POWER X 1,959,120円 34.0km/L
e-POWER MEDALIST 2,244,240円 34.0km/L

ノートe-POWERの燃費を見てみるとエントリーグレードのSだけ少し燃費が良いようですが、他のグレードと比較してそこまで大きな差ではないように思います。

実燃費の報告を見てみるとカタログ値とは少し離れた数値になっており、19km/L〜23km/Lといった情報が多いです。

走らせ方や乗り方、交通状況などで燃費は変わりますがこれ位の燃費だと考えておけばこの数値を大幅に下回ることないでしょう。

価格差は最大47万円の差額になりますのでコンパクトカーとしては少し大きめの価格差と鳴っています。

最近では軽自動車の価格が上がってきているので、グレードS辺りだと軽自動車の最上位グレードを購入するのとあまり変わらない金額になります。

グレードを選ぶ時の注意点としてSグレードに関してはパワーウィンドウやエアコン等の車に必要な装備が備わっておらず、夏冬は乗れないのではないかと思うようなグレードとなっております。カタログ値の燃費を良く見せる為に作られたにしても現代には合わない、もはや車としては微妙な内容になっています。

ノートe-POWERのグレード比較

価格と燃費が分かり、さらにグレードSに関しては上の情報を確認していただければ除外は確定なのではないでしょうか。

そうすると必然的にグレードXかMEDALISTの2択となりますので、この2つのグレードについて違いを確認していきます。

グレードMEDALIST

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ

・LDW(車線逸脱警報)

・LEDヘッドランプ

・フォグランプ

・15インチアルミタイヤ

・電制シフト

・e-POWER専用ファインビジョン

・本革巻き3本スポークステアリング

・運転席、後席アームレスト

・シート地ジャガード織物

グレードX

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ

・LDW(車線逸脱警報)

・ハロゲンヘッドランプ

・14インチアルミタイヤ

・電制シフト

・e-POWER専用ファインビジョン

・本革巻き3本スポークステアリング

・シート地トリコット

メダリストに優位な部分とXには無い装備に色をつけてあります。

基本的な装備の中ではフォグランプとアームレストがあるか無いかという点と、シートの違い、ヘッドランプの内容の違いがありました。

これから乗る車に何を求めているのかによってどちらのグレードを選べば後悔しないかというところが分かりますので、事前にこの内容については把握しておくことが重要になります。

ノートe-POWERの見積もり例

ノートe-POWERの中でも割と人気のあるMEDALISTを購入する場合の実際の価格を見ていきましょう。

車両本体価格:2,244,240円

諸費用合計価格:114,449円(取得税、重量税その他の手数料など合計)

乗り出し価格:2,358,689円

この価格から値引きを仮に20万円してもらうとおおよそ215万円程になります。

こちらはオプション品を一切入れておりませんので必要な場合にはもう少し金額が上がってきます。

ノートe-POWERの競合車

次にノートe-POWERの競合車種を確認しておきます。

競合車①トヨタアクア

アクアは国内でも非常によく売れたコンパクトカーの一台です。

燃費が良く、走りもそこそこ、価格もそれなりというコンパクトカーの代表車種で未だにアクアを選択する方も居るほどです。

発売時期はアクアの方が随分前の車種ですが、カタログ値でそこまで燃費差はありません。

競合車②ホンダフィット

フィットはコンパクトカーとしては歴がだいぶ長い車種です。

燃費に関してはトヨタアクアとノートと比較しても同等です。

競合車③マツダデミオ

マツダのフロント統一デザインになってからはデミオも割と人気が出てきております。

特に他のコンパクトカーと比較するとディーゼルエンジン仕様車があり、燃料費にはアドバンテージがあります。

コンパクトカーの競合車種を見てみるとどの車も誰もが知っている名車揃いとなっています。

それぞれメリット、デメリットありますがノートe-POWERの場合はトルクフルな走りに定評がありますので、走りに拘る方であればお勧めの車種になります。

競合車は値引きをしてもらう為に1台くらいは値引きの相場や、車両本体の価格を知っていると便利です。

商談の序盤では一応迷っているというような素振りがあっても良いでしょう。

競合車種がない場合には営業マンにもよりますが、「ノートe-POWER一択であればそこまでの値引きは必要ない」と考えられてしまう場合もありますので要注意です。

ノートe-POWERの値引きから更に安くする方法

新車購入時の値引き価格というのはある程度限られており、200万円の車を150万円の値引きをしてもらうということは無理な話になります。

利益の出る範囲で、時期によってインセンティブの多くでる月出ない月があるのでいくら交渉してもネット上に記載のある上限を上回る事はありません。

ただ、上手に新車を購入するのであれば、ある程度新車の値引きを引き出しつつ、今乗っている車の価格を適正な金額で手放すということを考えるべきです。

新車購入時には例外を除けば、ディーラーで下取りの価格を確認します。

この下取りの価格を疑う方はあまりおらず、言われるがまま出してしまうケースが非常に多いようですが、この部分を少し交渉するだけで新車の値引き以上に得をする可能性が高くなります。

その方法としては事前に自分の車の相場を知っておくことが重要になります。

もし相場を知らなければ「下取りの価格が適正なのか」「あまりにも安すぎないか」等の事を一切把握する事ができませんよね?

ではそれを把握する為にどうすれば良いのか?

それはネットで相場を調べれば良いだけです。

今乗っている車の相場を知る事というのは、スマートフォンやパソコンがあれば一目瞭然です。

今乗っている車の相場を知った上で、下取り価格が適正であればそのまま出す事も出来ますし、あまりにも安かった場合には「ネット上で査定した所もう〇〇万円高い相場だった」ということを営業マンに伝えて交渉することができます。

これから車の購入を考えている方や、自分の車が今どれ位の価値があるのか知りたいという方は是非ネットで査定をしてみてください。

すぐに相場が出てきて割と面白いですし、相場を知っておくことは自分の為にもなります。

 

スポンサードリンク