日産エクストレイルの値引き情報と基本スペック情報、競合車種まとめ

こちらでは日産エクストレイルの値引き情報を中心とした内容をまとめております。

2017年にマイナーチェンジを行い心機一転の販売開始になります。

エクストレイルは2000年に発売し、2007年にマイナーチェンジ、2013年にフルモデルチェンジを行なっておりモデルも17年目になります。

エクストレイルがなんとなく気になるという方には基本情報や競合車種との比較情報もまとめております。

車を購入するにあたってはディーラーでの商談があると思いますが、この時に提示される値引き額というのは一定ではなく購入するタイミングや状況、営業マンの癖等によって上下したりします。

安い物を買うのであれば少し位の価格差であれば無視出来る範囲に止まると思いますが、高額な車の購入ということになると話は変わってきます。

値引き商談の内容一つで数十万円も変わってきたりします。

こちらの記事でエクストレイルの値引きを限界まで引き出せるような情報をお送り出来ればと思います。

日産エクストレイルの値引きを限界まで引き出す情報とスペック関連記事

国産のSUVの中でもアウトドア派の方に向けられて作られたエクストレイル。

マイナーチェンジも間も無くという所ではありますが、現行車の情報をお届けいたします。

まずは基本的な値引き金額の詳細から。

日産エクストレイルの値引き金額

2017年6月にマイナーチェンジされております。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジの後には大抵値引きは抑えられメーカーもディーラーも粗利優先の営業となります。

値引き相場・・・10万円

限界値引き・・・25万円

メーカーからインセンティブが出なければディーラーで安く販売することは出来なくなりますので当面はマイナーチェンジをしたエクストレイルを大幅な値引きが無くても欲しいという方が販売対象者となります。

一方マイナーチェンジ前のモデルに関しては最低でも30万円程の値引きが可能となっており、場合によっては50万円以上の金額を引き出す事ができる状況でした。

こういった状況はエクストレイルに限らず他の車種でも言えますので、どうにか安く購入したいという方はモデル末期を待つというのも一つの賢い購入方法と考えられます。

まだまだ情報が少ない中ですが競合車も非常に強いカテゴリになりますのでマイナーチェンジ後とは言えまるで値引きしないというのは少し販売に響いてくるはずです。

その辺りも考慮すると、他の車種のようにマイチェン後だから5万円までとは言っていられない状況でしょう。

エクストレイルの商談方法

では商談にはどのような事が必要になるのかを把握しておきましょう。

・競合車種の情報

→エクストレイルの場合はミドルクラスのSUVになりますので、国産車メーカーの中から同等の車種を探します。

トヨタハリアー、マツダCX-5、スバルフォレスター、この3車種はよく比較として出される車種です。

・値引きしてもらいやすい店舗の確認

→日産のディーラーも沢山ありますが、噂程度で構わないので値引き商談が思い通りにいっている店舗を選ぶようにします。

・自分が値引きしてもらえたら購入するというラインの設定

→ある程度目標のようなものがあれば商談も気持ち的に楽な所も出てきます。

・時期タイミングの良し悪し

→上でも記載しましたが、タイミング次第で値引きができるか否かはある程度限られてしまいます。

マイナーチェンジのエクストレイルの価格、燃費、特徴

価格 2,197,800円〜3,665,520円
燃費 15,6km/L〜20,8km/L
排気量 1997CC
乗車人数 5人・7人

新型エクストレイルはプロパイロットを搭載しました。

日産車としてはセレナに搭載され話題となりました。

プロパイロットはいわゆる同一車線での自動運転機能となっており、高速道路を走るには疲れが大幅に減ります。

操作も手元で簡単に出来るので誰にでも手軽に自動運転が設定できます。

エクストレイルの競合車

ミドルサイズのSUVは各社人気モデルを出しております。

トヨタハリアー、マツダCX-5、スバルフォレスターこの3車種が競合として最も適している車種になります。

価格面で一番近いのはスバルフォレスターで241万円〜312万円になります。

燃費ではハリアーが一番近く14,8km/L〜16,8km/Lになります。

ハリアーはエクストレイルと同じタイミングでマイナーチェンジを行なっており、値引き商談をするのはかなり困難な状況です。

CX-5に関してもモデルチェンジをしたばかりで、人気も高いので当面は値引きを引き出すのは少し困難になります。

現状商談をするのであれば値引き率の高いフォレスターを選択するのが賢明です。

新型エクストレイルをさらに安く購入するには?

ここまで記載させていただいた通りエクストレイルの値引きはもう少し落ち着くまでは大きな金額を引き出しにくい状況にあります。

それでもこのタイミングで車の乗り換えをしなければならないケースの方で、エクストレイルを検討されている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった場合でももう少し安く購入できればグレードを上げたり、オプションを追加なんかも検討できますよね。

通常は最初にディーラーに足を運んだ時に愛車の下取り価格を確認して、そのままその価格で出してしまっているのではないでしょうか?

特に値引きが大きく出来ない場合に関してはここをもう少し商談して、下取り価格を上げてもらうというのは一つの方法になります。

この場合簡単な方法として自分の愛車の買取相場を確認しておくということは非常に有効な手段になります。

もしもディーラーの下取り価格が相場よりも大きく少なかった場合納得してその値段で引き渡してしまわず、買取業車に依頼をして買取にだすという方法もあります。

1万円や2万円程度なら手数料と思って出してしまってもいいかもしれませんが、その価格差が10万円や20万円といった金額の差になった場合はどう考えてもこちらの買取の方がお得です。

相場価格を確認した上でディーラーに確認し、それから自分の愛車をどのような方法で出すか考えても遅くはありません。

買取相場に関してはネットで簡単に調べることができるようになっておりますので、ディーラーに足を運ぶ前にぜひ試してみてください。

ここで下取りと買取の競合をさせるまでの流れをまとめておきます。

①ネットで自分の車の車種や年式を入力して買取相場を知っておく。

②新車の商談と下取り価格を把握する。

③買取の相場と下取りの価格を比較し下取り価格の上乗せの商談をするか買取に出す。

最近のネット査定では相場がすぐに出てきます。

公式サイトに簡単入力で上記のような結果がすぐに出てきます。

公式サイトはこちら

この流れで商談をしていけば「下取り価格」の上乗せが出来なかった場合でも買取に出せば下取り価格よりも確実に得をします。(基本的に買取価格の方が高額になるため)

車種問わずずどの車を購入する場合でもこの方法は有効です。

是非活用してみてください。

スポンサードリンク