レガシィアウトバックの値引き情報と価格や燃費、競合車の情報詳細

今回はスバルレガシィアウトバックの値引き情報を中心とした内容を記事にしております。

また、気になる燃費や価格、グレードや競合車などの情報も一緒に載せております。

今まで国内で販売されていたレガシィはレヴォーグに後継されており、新車で購入する場合にはレガシィの車種名の付いている車はこのレガシィアウトバックのみとなりました。

スバルレガシィアウトバックの値引き情報/競合車種/価格、グレード、燃費など基本スペック

早速レガシィアウトバックの値引き情報について見ていきましょう。

レガシィアウトバックの値引き相場と限界値引き

レガシィアウトバックの値引き相場・・・30万円

レガシィアウトバックの限界値引き・・・40万円

現行車は2016年に発売されたモデルになりますが、2017年には特別仕様車もリリースされており割と新しめなモデルになります。

車両本体価格は色々なオプションを付けたりするとグレードによっては400万円程の金額になりますので、値引き金額の相場を確認してみると標準の値引き金額になっているようです。

最近の車は燃費を気にしている部分が多いように思いますが、このレガシィアウトバックはどちらかというとそういった現状の流れと逆行しており運転を楽しめる車に出来上がっているところが車好きからの評価が高い部分なのでしょう。

値引き相場の30万円という金額につきましては、商談の中盤位には出てきそうな金額になりますので出来る限り限界値引き金額に近づけるような商談を出来るようにこちらを読み進めていただき情報を集めて頂きたいと思います。

レガシィアウトバックの基本スペック、特徴

価格 320万円〜347万円
燃費 14,6km/L
サイズ 4815・1840・1605
排気量 2498CC
乗車人数 5人

国産車としては割と高めの価格設定に思えますが、実際に乗ってみると非常に爽快な走りをしてくれます。

排気量も2,5Lと割と大きめで、最近進んでいるダウンサイジングを真っ向から否定するような内容になっています。

その割には燃費も頑張った方でしょうか。

車を運転するドライバーを中心にしっかりと作り込まれた一台になっています。

レガシィアウトバックの口コミや評価

既にレガシィアウトバックを購入された方や試乗された方の口コミや評価をまとめております。

・雪国の冬の坂道をグングン登ります。やはりスバルのAWDは非常に心強いですね。

・アイサイトの安全性能は抜群で、走りの部分も2,5Lあり不満はなし。エクステリア、インテリアに関しては好みがあると思いますが個人的にはこちらも合格ライン。当面乗り続けたいと思います。

・少し燃費は気になる部分ですが、運転していて楽しいのでトータル的に満足度は割と高い車ではないかと思います。

・レヴォーグと乗り比べてみると少し走りが残念な評価になります。このサイズのスバルの車であれば2,5Lターボなんかにすれば面白いのではないかと思います。

・全体的に合格ラインに持ってきているように感じますが、実際に乗ってみると無難であるという感覚になりました。敢えて購入とまでは至らずでしたが、どこか特化して良い部分があればいいなと感じます。

大多数の意見としては大人の車という評価をしている方が多く見受けられました。

逆に不評な評価の方は若い方が多い印象です。

トータルして見てみると流石にオーナーの方はレガシィアウトバックをオススメする意見が多く、今後もスバルの車に乗りたいという評価でした。

高級感はそこまでないものの、走行性能の良さやアイサイトに対する評価は非常に良いと言えます。

レガシィアウトバック競合車一覧

レガシィアウトバックの競合車ですが、現状ステーションワゴンが国産車としては少なくマツダのアテンザワゴンあたりが一番近い車種になるのではないかと思います。

しかし、最近ではSUVの人気が高いので競合車としてSUVを出すというのは一つの方法になります。

SUVとなった場合にはトヨタハリアーのガソリン車や、マツダCX-5あたりが競合車として価格帯が近い車種になります。

レガシィアウトバックの競合社の価格

・レガシィアウトバック 320万円〜347万円

トヨタハリアー 294万円〜457万円

マツダCX-5 246万円〜352万円

マツダアテンザワゴン 276万円〜400万円

価格帯をみてみると割とバラバラではありますが、グレードによっては同額程となる車種が多いので競合車として見ても問題は無さそうです。

商談のポイント

レガシィアウトバックの商談のポイントですが、昨今人気のSUVを競合車として持ち出していくのは効果的な方法になりそうです。

また、限界値引きに近づけたい場合にはスバルディーラーの別の店舗で商談をしてみるのも良いでしょう。

割とすぐに値引きに応じるところもありますが、いくら交渉しても値引きが厳しい店舗では限界値まで値引きを引き出すのは難しいでしょう。

ディーラーによって値引きに関する状況が変わってきますので、この辺りは一度訪問し商談をしてみて判断しましょう。

レガシィアウトバックともう一台のどちらかで迷っているという事を営業マンに伝えた上で商談をしていくのですが、商談が長くなりすぎるのは営業マンも疲れてしまいますので数回の訪問の中である程度の値引きラインまで持っていきもう一押しをしてもらって限界値引きを引き出せれば成功です。

現状値引きは割と標準的な金額になっていますので、そこまで無理をしなくても一定の金額は値引きしてもらえるのではないかと思います。

レガシィアウトバックをさらに安く購入する方法

レガシィアウトバックの値引きに関する部分はある程度把握していただけたと思いますが、この値引きだけでは最安値で購入できません。

どうせ購入するのであれば最安値で買うのが一番経済的です。

そこでやっておきたいのが、事前に自分の車の買取価格を把握しておく事です。

これをやっておく事で下取り価格の商談が可能になります。

基本的には買取価格の方が大きな金額になりますので、ディーラーでこの金額にどれ位近づけてくれるのか交渉して見ましょう。

もし何十万円もの差額が出てしまうのであれば買取業車に出せば下取りをするよりも場合によってはなん十万円も違いが出てきます。

やることは至って簡単なので下にまとめておきます。

ここで下取りと買取の競合をさせるまでの流れをまとめておきます。

①ネットで自分の車の車種や年式を入力して買取相場を知っておく。

②新車の商談と下取り価格を把握する。

③買取の相場と下取りの価格を比較し下取り価格の上乗せの商談をするか買取に出す。

最近のネット査定では相場がすぐに出てきます。

公式サイトに簡単入力で上記のような結果がすぐに出てきます。

公式サイトはこちら

この流れで商談をしていけば「下取り価格」の上乗せが出来なかった場合でも買取に出せば下取り価格よりも確実に得をします。(基本的に買取価格の方が高額になるため)

車種問わずどの車を購入する場合でもこの方法は有効です。

是非活用してみてください。

スポンサードリンク