トヨタプリウスPHVの値引き情報と基本スペック「価格・燃費・特徴」情報

プリウスPHVの値引き情報を中心に価格、燃費、グレードの情報と商談の際に役立つ競合車の情報を詳しく載せています。

プリウスPHVは一般の車とサイズは変わらないものの、燃費良く走る所に力を入れております。

その部分に力を入れている分車両本体価格は少し高額に感じる事もあるのでは無いでしょうか?

そんなプリウスPHVを少しでも安価に購入する為の値引き情報をこちらでご確認いただきたいと思います。

プリウスPHV値引き情報/競合車種/価格、グレード、燃費など基本スペック

まずは本題の値引きの状況を確認しておきましょう。

プリウスPHVの値引き相場と限界値引き

値引き相場・・・10万円

限界値引き・・・15万円

プリウスPHVは2017年にフルモデルチェンジをしており、その走行性能も大きく向上しております。

より先進的な車として最先端の技術で作り上げられており、なかなか値引きの金額も現状では渋いと言わざるおえません。

ここから少しの間はこの値引き金額が参考という形になると思いますが、できる限りネット上で言われている限界値引きを引き出して頂き最安値でプリウスPHVを購入頂きたいと思います。

プリウスPHVの基本スペック、特徴

価格 326万円〜422万円
燃費 37,2km/L(EV走行時は68,2km/L)
サイズ 4645・1760・1470
排気量 1797CC
乗車人数 4人

プリウスPHVの最大の特徴はなんと言っても燃費です。

EV走行の場合は68,2km/Lでガソリンで走った場合でも国内トップクラスの37,2km/Lとなっており、ガソリンスタンドへ寄る回数は激減する事間違い無しです。

毎日充電していれば、周辺へ出かけるぶんにはほとんどEV走行でまかなうことができます。

また、仮に充電がなくなってしまっても走行時に充電をしHVモードで走る事ができるので安心です。

基本的にEV走行は走りが静かで非常にトルクフルな走りをします。

とても1,8Lエンジンとは思えない走行性能を持っているのもプリウスPHVの大きな特徴と言えます。

プリウスPHVの口コミ、評価

・週に一度の充電さえすれば近所への買い物、子供のお迎えはEVでいけます。車の未来を感じさせられました。

・新型プリウスのデザインが残念でしたが、PHVはデザインが非常によく気に入って購入。毎日乗りたい車です。

・子供が大きくなりひと段落ついたのでミニバンから買い替えました。燃費が良くなりすぎて嬉しい悲鳴です。

・EVの走行もHVの走行も非常にパワフルで驚きました。購入の検討をしていましたが、試乗した時にこの車に決めました。

・やはりプリウスはデザインがあまり好きではありません。もう少し大人のデザインになれば検討できるかな・・。

・ナビが非常に大きくて珍しがられますが、性能がなんとなくイマイチな気がします。今後この部分は課題かな。

オーナーの方のご意見から、試乗された方の口コミや評価を調べてみると走行性能と燃費に関してはかなり高評価意見が多い事が分かります。

排気量こそダウンしているものの、旧型から新型を出すまでの間でよくここまで開発に取り組んだと企業努力が見て取れる一台になっております。

まだプリウスに乗ったことのない方は一度試乗してみるとこの車の評価は大きく変わるのではないかと個人的にも思います。

プリウスPHVの競合車

この車の競合車ですが、日産リーフや三菱アウトランダー辺りがEV車として候補になるのではないかと思いますが、実際の所サイズ感や価格帯も少し合わないので比較しにくい部分があります。

もし比較検討するのであれば同じトヨタのプリウスと比較して、価格に合う車がどちらなのかという比較をしてみると良いかもしれません。

また、プリウスPHVの販売の仕方を見たり聞いたりしてみると大幅値引きをしてガンガン販売するという車種ではないようで、今PHVに乗りたい方に販売しているというイメージが強いです。

そう言った意味では競合車での値引き商談をするよりは、今乗っている車の下取り価格や買取価格を引き上げる方に集中して少しでも安価に購入する方向にする事をお勧めします。

商談のポイント

プリウスPHVの商談のポイントとしては明確な競合車は無いものの、全てのトヨタディーラーで扱っているという事を利用してプリウスPHV同士で値引き商談してみるという方法があります。

例えばトヨペットとカローラ店で比較してみるというのは一つの商談方法になります。

また、中古車も既に出回り始めているのでこれとの比較というのもありかもしれません。

中古車の中には走行距離の非常に少ない車両もありますので、価格差が割と出てくると思いますので新車か中古車で迷っている事をディーラーで伝えて商談をしてみるのも良いでしょう。

他の車種の場合は大概競合車が同じようなスペックで同じ位の価格帯で販売されておりある意味商談がしやすいのですが、プリウスPHVに関しては競合車という競合車が無いのでこういった方法で値引き商談をするのが良いと思います。

値引きに関しては商談序盤で5万円前後という話になると思いますが、中古車や他店舗のプリウスPHVと上手に比較して15万円を目標に商談すると良いでしょう。

プリウスPHVをさらに安く購入する方法

ここまで見ていただくとお分かり頂けると思いますが、プリウスPHVは他の車と比較すると商談において少し特殊な部分があります。

値引きを引き出すのにも難易度は割と高めで、値引きを引き出せたとしてもそんなに大きな金額にはなりません。

しかしどうせ購入するのであればできる限り安く購入出来るに越した事はありません。

そうなった場合、今乗っている車を如何に高く評価してもらうかがカギとなります。

恐らく商談の為にディーラーへ行くと初回訪問時に試乗、下取り価格の確認、見積もりの受け渡しがあると思います。

この時に出された下取り価格よりも、あと数十万円高くなる可能性があるとしたらどうでしょうか?

この可能性があるとしたら買取をしてもらうという方法になります。

買取業車の方が下取りよりも高くなるというのは既に多くの方が知っていることになります。

この辺りはディーラーの営業マンも認めており、個人的にはお勧めされた事すらあります。

まずはネット査定で自分の車の相場を知って、その相場に見合った下取り価格なのかを確認して見ましょう。

もし相場からかけ離れた下取り価格だった場合はディーラーに査定額を上げてもらうよう交渉してみるか、そのまま買取に出してしまうという2つの方法を選択する事ができます。

これまで一度もネット査定をされたことのない方は是非一度試して見てください。

ここで下取りと買取の競合をさせるまでの流れをまとめておきます。

①ネットで自分の車の車種や年式を入力して買取相場を知っておく。

②新車の商談と下取り価格を把握する。

③買取の相場と下取りの価格を比較し下取り価格の上乗せの商談をするか買取に出す。

最近のネット査定では相場がすぐに出てきます。

公式サイトに簡単入力で上記のような結果がすぐに出てきます。

公式サイトはこちら

この流れで商談をしていけば「下取り価格」の上乗せが出来なかった場合でも買取に出せば下取り価格よりも確実に得をします。(基本的に買取価格の方が高額になるため)

車種問わずずどの車を購入する場合でもこの方法は有効です。

是非活用してみてください。

スポンサードリンク