トヨタアクアの値引き情報と価格や燃費、グレードや競合車の総合情報

今回はトヨタからアクアの値引き情報を中心とした情報を記載しております。

また、アクアに関する価格や燃費、グレード、競合車に関する内容も一緒にご案内しております。

アクアはトヨタの低燃費コンパクトカーを代表する車として2011年に発売されました。

そこから何度かマイナーチェンジや特別仕様車をリリースし、現在最新モデルは2017年のマイナーチェンジモデルになります。

CMでも低燃費の部分を強く強調し、常にコンパクトカーの低燃費な車種の中でトップの数値を叩き出しており非常に人気のある車です。

トヨタアクア値引き情報/競合車種/価格、グレード、燃費など基本スペック

では早速アクアの値引きに関する情報から見ていきましょう。

アクアの値引き相場と限界値引き

アクアの値引き相場・・・5万円

アクアの限界値引き・・・15万円

2017年マイナーチェンジ直後の状況としては値引きはかなり控えめになります。

当面はマイナーチェンジを心待ちにしていた方への販売がメインになり、値引き金額がそこまで出されなくても購入する傾けの営業体制になります。

通常であれば車両本体値引きは5万円が限界というように一律値引き金額を統一させる店舗も出てくるとは思いますが、その月の販売状況が悪かったりした場合には月半ば辺りから少し値引きをしてでも販売に踏み切るということで少し色の付いた値引きを引き出せる可能性もあります。

それでも5万円から15万円程度が値引きの限界になると予想されておりますのでこれ以上の値引きを期待されている場合には時期をずらすのも一つの方法になります。

アクアの基本スペック、特徴

価格 178万円〜208万円
燃費 34,4km/L〜38,0km/L
サイズ 4050・1695・1455
排気量 1496CC
乗車人数 5人

2017年にマイナーチェンジをしたアクアの特徴としてはLグレードJC08モード38,0km/Lとコンパクトカーの中では低燃費トップになります。

コンパクトカーの中で一番燃費の良い車を選択するのであればアクアのLグレードを選択すれば間違い無いと言っても良さそうです。

また、今回のマイナーチェンジで見直されたのが「Xアーバン」です。

今回は「Crossover」(クロスオーバー)という設定を設けてアクアのSUV的なモデルをより強化したと言えます。

トヨタのSUVはランドクルーザー、FJクルーズ、ハリアー、C-HRと4車種が現行車として販売されておりますが名目上はC-HRよりもさらにコンパクトサイズのSUVが追加されたという形になりました。

各社SUVに関しては力を入れ込んでおりますが、遂に最小サイズのSUVが追加となりすべてのサイズを網羅した状況になりました。

アクアの口コミ、ユーザー層

2017年モデルのアクアの評価、口コミに関しましてはまだ情報が少ない状況です。

沢山の方の情報が入り次第更新していきます。

アクアの競合車一覧

アクアの競合車は多くあり、各メーカーに最低でも一台はスペックの近い車があります。

そんな中競合車種を絞るとすると、ホンダフィットや日産ノート、マツダデミオ辺りが競合として有力な候補と言えます。

いずれの車も燃費も良く、小回りも効き価格帯も割と近い車になります。

日常生活で運転するには非常に使いやすいという所も共通点として挙げられます。

アクア競合車の価格

アクアの価格・・・178万円〜208万円

・ホンダフィット/フィットハイブリッドの価格・・・ガソリン129万円〜192万円 ハイブリッド169万円〜224万円

・日産ノートの価格・・・ガソリン139万円〜232万円 ハイブリッド177万円〜245万円

・マツダデミオの価格・・・138万円〜224万円

アクア競合車の燃費

アクアの燃費 34,4km/L〜38,0km/L

・ホンダフィットの燃費 ガソリン 19,2km/L〜24,6km/L ハイブリッド 28,6km/L〜37,2km/L

・日産ノートe-POWERの燃費 37,2km/L

・マツダデミオの燃費 ガソリン 20,6km/L〜24,6km/L ディーゼル 22,8km/L〜26,4km/L

敢えてアクアの難点をお伝えするとしたらガソリンエンジン仕様車が無いという所でしょうか。

各競合車はガソリン車があり価格面で優位になります。

元々ハイブリッド車を購入する予定であればアクアの選択は問題ないでしょう。

アクアの商談ポイント

アクアの商談のポイントを確認しておきましょう。

まずは競合車として挙げさせていただいた車を引き合いにして商談を進めます。

またアクアはトヨタディーラーの全ての販売店で取り扱っているのでアクア同士を競合車とする事も可能です。

2017年マイナーチェンジをしたばかりという事もあり値引きに関しては非常に困難な状況担っております。

しかし、競合車を出した上で値引き商談をしっかりすれば平均的な値引きは勿論限界値引きである15万円程であれば可能性があると言えます。

アクアをさらに安く購入する方法

値引き状況の困難なアクアですが、どうせ購入されるのであれば最安値で購入したいと思いませんか?

アクアの値引きに関しては厳しい状況ではありますが、値引きだけが安く購入する手段ではありません。

大抵の方は車を購入する際に現在乗っている車をディーラーで下取りされる方が多いのではないでしょうか?

この下取りして貰う車がネックとなり新しく購入する車を実質的に安く購入することができるようになります。

これまでディーラーで下取りをしてきた方は一度買取してもらった場合にいくらになるのかを確認してみてください。

基本的にディーラーの下取り価格よりも買取の方が高額になる事の方が多いという調査結果があります。

ディーラーの下取りの場合には下取りした車はこの買取業車へ行く事や、オークション等に出されるケースがあり無理な金額で下取りをしないというのが通常となっております。

しかし、買取業車の場合はどこかを仲介せずに自社で販売をするのでその分の差額が買取と下取りの差になります。

どうしても下取りでお願いしたい場合でも、ネット査定をしておく事で自分の車の買取相場が確認できるので下取りの値段交渉の参考にする事も可能になります。

これまで下取りをしていた方は特に一度ネット査定で自分の車の価値を確認した上でディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?

この金額が高ければそのぶんは車の費用に充てる事ができるので是非試してみてください。

ここで下取りと買取の競合をさせるまでの流れをまとめておきます。

①ネットで自分の車の車種や年式を入力して買取相場を知っておく。

②新車の商談と下取り価格を把握する。

③買取の相場と下取りの価格を比較し下取り価格の上乗せの商談をするか買取に出す。

最近のネット査定では相場がすぐに出てきます。

公式サイトに簡単入力で上記のような結果がすぐに出てきます。

公式サイトはこちら

この流れで商談をしていけば「下取り価格」の上乗せが出来なかった場合でも買取に出せば下取り価格よりも確実に得をします。(基本的に買取価格の方が高額になるため)

車種問わずずどの車を購入する場合でもこの方法は有効です。

是非活用してみてください。

スポンサードリンク