トヨタC-HRガソリンターボ/ハイブリッド値引き情報と基本スペック完全版

トヨタから発売されたコンパクトSUV「C-HR」の値引き情報や基本スペック、ユーザーの口コミ評価等をこちらのページで全てレポートします。

トヨタCーHRガソリンターボ/ハイブリッド値引き情報や基本スペック(価格.燃費.グレード)の完全版

 

2016年12月14日にトヨタから発売開始されたCーHR。

販売チャネルはトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の全てのチャネルで購入が可能です。

肝心の値引き金額に関しましては現状非常に厳しい状況と言えます。

トヨタC-HRの値引き情報

C-HRガソリンターボの値引き相場は車両本体価格から10万円、オプションから5万円が相場となっております。

→ガソリンターボの場合トータルの値引き価格が10万円という場合はまだもう少し引き出せる可能性が高く、20万円の値引き交渉が出来ている場合はそれ以上の値引きは難しいでしょう。

ハイブリッド車の値引き相場は車両本体価格から5万円、オプションから5万円が相場となっております。

→ハイブリッドの場合はトータルで10万円を切っている場合にはもう少し交渉の余地があり、15万円を超えているようでしたらそれ以上の値引きは現状難しいと言えます。

C-HRの値引きに関しては現状大きな値引きは難しい為、値引きと合わせて細かなオプション品のサービスを相談するという方法も検討してみましょう、これから競合車種がモデルチェンジやマイナーチェンジをしてくるまでは現状の値引き相場が続くと見られております。

C-HRの価格をシミュレーション

今回はC-HRの中でも人気の高いグレード「G-T」を参考に価格シミュレーションをしてみます。

C-HRのG-Tグレードをパールホワイトで購入したケースです。

純正の9インチナビも付けた場合はどんな金額になるでしょうか。

 

C-HR車両本体+オプション品

・車両本体価格:2,775,600円

・カラーパールホワイト:32,400円

・オプション:T-connectナビ 9インチモデル:284,882円

合計金額:3,092,882円

 

その他税金、諸費用

自動車税:23,000円

自動車取得税:69,300円

自動車重量税:22,500円

自賠責保険:36,780円

販売所費用:65,727円

リサイクル料金:11,270円

合計:228,577円

C-HRの本体+オプション+その他税金・諸費用合計:3,321,459円

こちらの価格から上で記載された限界値引きを適用すると:3,171,459円になります。

こちらのC-HRのシミュレーションは一例となりますのでご参考にしてください。

C-HRの競合車種

C-HRの競合車種を知っていることで商談を有利に進める事ができる可能性があります。

購入希望の車が絞られているのか、迷っているのかでディーラー営業マンの出方や話の内容が変わってくるので状況に合わせて交渉のネタにします。

競合車種はコンパクトSUVが有力候補です。

第一有力候補はホンダから発売されているコンパクトSUVの「ヴェゼル」です。

トヨタからC-HRが発売されるまではコンパクトSUVの販売台数で常にトップという実績もあり、未だに人気のある車種です。

第二候補はマツダの「CX-3」です。

こちらもデザイン、走り共にユーザーの評価は割と高く人気のある車種です。

第三候補は日産の「エクストレイル」です。

サイズはこちらが圧倒的に大きいのですが、価格面ではそこまで変わらないので競合としてあげることは可能と考えられます。

C-HRと競合3車種を数値で比較

価格 最安価格 最高価格
C-HRターボ 2,516,400円 2,775,600円
C-HRハイブリッド 2,646,000円 2,905,200円
ヴェゼル 1,920,000円 2,886,000円
CX-3 2,376,000円 3,066,400円
エクストレイル 2,238,840円 3,567,240円

C-HRの特徴はターボとハイブリッドの価格差が他の車種と比較して狭いというところになります。

ただ、一番安いグレードを比較してみると競合車種よりも少し高額になります。

逆に最上位グレードとなると競合車種の中にはC-HRよりも高額な車種もありますので、上のグレードを選ぶ場合には割安感があるかもしれません。

燃費
C-HRターボ 15,4km/L
C-HRハイブリッド 30,2km/L
ヴェゼル 19,0km/L〜27,0km/L
CX-3 23,0km/L
エクストレイル 15,6km/L〜20,6km/L

燃費に関してはC-HRハイブリッドがトップとなりましたが、逆にターボに関しては一番燃費の悪い数値となりました。

サイズ
C-HRターボ 全長4360mm・全幅1795mm・全高1550mm
C-HRハイブリッド 全長4360mm・全幅1795mm・全高1550mm
ヴェゼル 全長4295mm・全幅1770mm・全高1605mm
CX-3 全長4275mm・全幅1765mm・全高1550mm
エクストレイル 全長4640mm・全幅1820mm・全高1715mm

サイズに関しては圧倒的にエクストレイルのが大きなサイズとなっております。

肝心のC-HRですが、ミドルサイズSUVのエクストレイルを除く競合車種と比較してもそこまで大差なしというところです。

ただ、実際に乗ってみると後部座席は広くはなく、ファミリー層には不向きな車種です。

C-HRの競合車種は現状モデル中期〜後期と鳴っておりますのでC-HRよりも値引きを引き出し安い状態にあります。ここで検討出来るのはC-HR同士の値引きです。カローラ店とネッツ店というように他のディーラーで同じC-HRの値引き商談をしてみるのも一つの方法になります。

トヨタC-HRの基本スペック

こちらではC-HRの基本スペックを熟知して頂ける内容を記載します。

①グレードと価格

まずはガソリン、ハイブリッド共に2つずつ用意されているグレードについて見ていきます。

ガソリンターボ車のグレードと価格

S-T(4WD)2,516,400円〜

G-T(4WD)2,775,600円〜

ハイブリッド車のグレードと価格

S(2WD)2,646,000円〜

G(2WD)2,905,200円〜

②燃費

ガソリンターボ 15,4km/L

ハイブリッド 30,2km/L

③サイズ

全長4360mm・全幅1465mm・全高1550mm

ホイールベース2640mm

④特徴

トヨタC-HRは最新のプラットフォームTNGAが採用されたコンパクトSUV。

ダウンサイジングターボエンジンとハイブリッドが用意されており、走りの好みにも対応している。

またハイブリッドに関しては同じカテゴリの車の中ではトップクラスの低燃費を実現しており、走り以外の満足度も高い。

C-HR限界値引きと事前に準備することでさらに安く購入するコツ

日本国内の多くのディーラーではワンプライスでの販売をしておりません。

カタログ価格が購入価格となるケースは殆ど無く、多かれ少なかれ値引きの商談が行われております。

この時に購入者によって車の価格が違うというのは少し不公平な感じがしませんか?

C-HRも同様で、購入される方によって違う金額となっている事が非常に多くあります。

そうなるとどうせなら安い金額で購入出来た方が良いと考える方が多いと思います。

私も実際に安く購入出来た方が良いと考え、出来る限り上手に商談をするよう心がけております。

ということで、今回C-HRを購入するのであればどのような準備をしておく必要があるのかについてこの先でレポートしておきます。

✔︎値引きについてはある程度想定し購入価格のラインを決めておく

C-HRの値引き金額についてはある程度「この金額の値引きを貰えたら購入に踏み切る」というラインを決めておく事をお勧めします。

この値引き金額については、購入時にネット情報なんかをもとにして限界値引きに近い金額を狙っていくと良いでしょう。

*地域差や各ディーラーに差があり、自分で考えていた値引き金額に全く及ばないケースもありますのでこの時には商談をどのように進めていくのかじっくりと考える必要があります。

ネット上で挙げられている情報を見ていると、大体どれ位の金額の値引きなら無理なく引き出せるのかを把握出来ると思います。

✔︎乗り換えの場合は下取り価格と買取価格をしっかりと比較する

車の購入時にはどうしても新しい車の値引き金額に目が行きがちです。

これから購入する車の金額が安くなるか高くなるかは確かに重要ですが、個人的には車の購入時にかかる全ての価格に注目してもらいたいです。

それには今乗っている車を一番高額で手放すということが不可欠となります。

新車の値引き(C-HRの値引き)と今乗っている車の下取り(買取り)価格を最大限に引き出す事で車の購入時に掛かる金額を一番安く済ませるというのが一番合理的でしょう。

その為には必ず下取りの価格と買取の価格を比較していただきたいと思います。

比較をしてみない事にはどれ位の価格差があるのか分からないという事と、ディーラーで下取りの価格だけを確認してその価格で手放した場合には一般的な相場も知らずに手放してしまうケースがあるという事が考えられます。

とある調査によると手軽だからディーラーで下取りをしたというケースだと何十万円もの損失も少なくありません。

この損失を考えるともしかすると新車の値引きより下取りと買取の差額を競合させる方に気合を入れて商談するべきであることが分かります。

気合いを入れてと書きましたが、やる事はただ一つだけです。

インターネットで自分の車の買取価格の相場を知ること。

ただ、これだけで十分です。

何故なら基本的にディーラーの下取り価格よりもネットの買取価格の方が高額査定になるから。

おおよその相場を知っていれば下取りの価格を提示された時に交渉の余地があるのか無いのかがすぐに分かります。

そして、下取り価格と買取価格の差額が分かればあとどれ位の価格を上乗せ出来るのかということも一目瞭然です。

ここで下取りと買取の競合をさせるまでの流れをまとめておきます。

①ネットで自分の車の車種や年式を入力して買取相場を知っておく。

②新車の商談と下取り価格を把握する。

③買取の相場と下取りの価格を比較し下取り価格の上乗せの商談をするか買取に出す。

最近のネット査定では相場がすぐに出てきます。

公式サイトに簡単入力で上記のような結果がすぐに出てきます。

公式サイトはこちら

この流れで商談をしていけば「下取り価格」の上乗せが出来なかった場合でも買取に出せば下取り価格よりも確実に得をします。(基本的に買取価格の方が高額になるため)

C-HRに限らずどの車種を購入する場合でもこの方法は有効です。

是非活用してみてください。

スポンサードリンク