トヨタタンク、ルーミーの値引き情報・競合車・基本スペック・安く購入する方法

トヨタタンク、ルーミーは2016年にニューモデルとして発売。

こちらの記事ではタンク、ルーミーの値引きに関する情報を中心に購入前に知っておきたい情報を多数掲載しております。

当時若者に人気が高かったbBの後継車とも言われており、スライドドアの付いたコンパクトカーでミニバンならぬプチバンとして評価を得ています。

現在タンク、ルーミーをご検討されている方でどうせ買うなら安く買いたいと考えている方は多いのではないでしょうか?

こちらの記事ではタンクやルーミーを値引きしてどれだけ安く購入するかという所と同時に基本的なスペック情報にも触れております。

タンク、ルーミーの値引き情報/競合車種/価格、グレード、燃費など基本スペック

2017年現在ではタンク、ルーミーの値引きは少し難しい状況にあります。

納期に関しては割と時間が掛かっておりトヨタとして急いで売る車種ではないようです。

新しいモデルということもあり様子見の状況が続いており、購入時には競合車との商談をしっかり進めることをお勧めします。

タンク、ルーミーの値引き相場と限界値引き

タンク、ルーミーの値引き相場・・・15万円

タンク、ルーミーの限界値引き・・・28万円

基本的に引き出せる値引き金額は15万円が限界ですが、オプションを沢山付けることでトータル28万円の値引きまで引き出す事ができそうです。

限界値引きの28万円に関してはタイミングも必要となり、月末頃からの商談、決算期、ボーナスの時期などを目安に商談に臨みましょう。

値引きを引き出す方法に関しては読み進めて頂くと記載しております競合車を引き合いにして、迷っているという程で商談を進めていくというオーソドックスなものになります。

初めからタンクやルーミーを購入する目的で商談を始めた場合は値引きが上手く行かず持久戦になってしまう可能性が高まりますので、ぜひ事前に知識を入れて行ってください。

タンク、ルーミー値引き商談の状況

実際にタンクやルーミーを購入する時に営業マンとの商談はどのような状況だったのでしょうか。

少しまとめておきたいと思います。

・タンク購入を検討しておりトヨペットへ行ってお話しして見た所10万円の値引きはすぐに出してくれましたが、その先が非常に難しかった。

最終的には20万円の値引きを引き出せたが、かれこれ1ヶ月で3回の話合いをしました。

一応目標値に達したのでその金額で契約をしました。

・商談初日の値引きは5万円。ルーミーとタンクどちらでもよかったのでその値引きを持ってルーミーの商談に行った所倍の10万円の値引きを引き出せました。

これはと思い、その金額を持ってタンクの商談をしたディーラーへ行った所15万円とオプションでコーティングをしてくださるということで決めました。当時乗っていた車は買取に出してあり、トータル的には100万円を切ったので良い商談だったと思います。

・これまでお世話になっているディーラーでルーミーを購入したいと話してみると値引きは15万円と言われました。カーナビを含めて25万円のオプションに対して7万円の値引きを出して下さったのでトータル22万円でした。

妻用の車で、そもそも車両本体価格も割と高くなかった為これで決めました。

タンクにしてもルーミーにしても商談序盤での値引きは少なめという印象があります。

割と値引きを大きくせずに販売したい車種のように思います。

個人的にもこの車の商談をしてきましたが、値引きに関しては地元ディーラーの本社まで行ってなんとか25万円という所なので商談自体難しい車種であることが伺えます。

競合車一覧

タンク、ルーミーのメインの競合車種はスズキソリオになります。

同じ形、同じ使い勝手になっております。

またメインの競合車以外としては大きめサイズの軽自動車で、NBOX、タント、スペーシア等も検討しても良さそうです。

軽自動車の場合はランニングコストが安いというアドバンテージがありますので、コストを選ぶか使い勝手を選ぶかという所に焦点を置いてどちらが良いか検討すると良いでしょう。

競合車情報①スズキソリオ

スズキソリオ タンク、ルーミーとの比較
価格 145万円〜206万円 同等
燃費 24,8km/L〜27.8km/L ハイブリッドのみソリオが優勢
サイズ 3710・1625・1745 同等

タンク、ルーミーで上位グレードを検討している場合のみソリオのハイブリッドが同等の価格になりその分燃費で部が悪くなります。

とは言っても大きな差ではないので基本的に同等と考えてよいでしょう。

競合車情報②ホンダN-BOX

ホンダN-BOX タンク、ルーミーとの比較
価格 119万円〜180万円 N-BOXが安い
燃費 21,4km/L〜25,6km/L タンク・ルーミーが優勢
サイズ 3395・1475・1800 タンク・ルーミが広い

軽自動車の中でも売れ行きの良いN-BOXとの比較ですが、やはり価格帯がだいぶ違います。

上位グレードを選択した場合にはタンク、ルーミーも検討の範囲に入ってくるというところですね。

意外だったのは燃費が選択する内容によってはタンク、ルーミーの方が良いというところです。

あとはサイズ的に広い方が良いか狭くても良いのかという所になります。

タンク、ルーミーの基本スペック(価格・燃費・サイズ)と特徴

トヨタタンク、ルーミーの基本スペック情報をこちらでご紹介します。

価格 146万円〜200万円
燃費(JC08モード) 24,6km/L
サイズ(mm) 3700・1670・1735
排気量 996CC
乗車人数 5人

各グレード毎の価格・詳細

・グレード「X”S”」・・・1,463,400円

エントリーグレードのため内容はかなりシンプルになっています。

エアコンはマニュアル式で、インフォメーションパネルもオレンジカラーの一色のみ。

ただ、安全予防のスマートアシストⅡは装備しており、エンジンも他のグレードと変わりはないので運転するにはそこまで支障はないでしょう。

とにかく価格を抑えたいという方にはオススメです。

・グレード「G”S”」・・・1,620,000円

グレードを一つ上げたG”S”になるとだいぶ装備が変わります。

インフォメーションパネルがカラーディスプレイに、エアコンもオートでクルーズコントロールも付いてきます。

高速道路を走る際にはクルーズコントロールは非常に重宝するので長く、楽しく、楽に運転をしたいという方にはこちらのグレードがオススメです。

・グレード「G-T」・・・1,803,600円

Gグレードにターボが付いているので、内容も走りも充実させたい方には検討の余地があります。

・グレード「カスタムG”S”」・・・1,771,200円

エアロやLEDヘッドライト、フォグライトも装備しているモデルです。

走りはともかく見た目をとにかく重視される方向けのグレードになります。

・グレード「カスタムG-T」・・・1,965,600円

タンク、ルーミーの最上位グレードになります。

走りはターボエンジンがついており、インテリアもエクステリアも一番装備が充実しています。

軽自動車では少し足りない、ミニバンでは少し大きいというユーザー向けの車種となっており主に主婦層やファミリーカーといった方に人気の車となっております。

昨今では軽自動車の車両本体価格も上がってきており、同時に広くもなってきておりますが普通車であるタンク、ルーミーと比較するとその広さは一目瞭然です。

燃費に関しても昔の普通車と比較すれば断然良好となっており、走りに関しても車に詳しくない主婦層が乗る場合に関しては問題のない走りとなっています。

タンク、ルーミーであれば無理の無い範囲で高速道路に乗って少し遠出することも問題なく手頃で優れた車種と言えます。

タンク、ルーミーの乗り出し価格シミュレーション

では実際にタンクやルーミーを購入した場合にいくらかかるのかをシミュレーションしてみます。

今回は人気グレードであるG”S”2WDグレードの場合を例にとってみたいと思います。

車両本体価格:1,684,800円

オプション(カーナビ純正品):127,980円

諸費用(税金、その他費用):176,737円

*諸費用は自動車税、自動車取得税、自動車重量税、自賠責保険、販売諸費用、リサイクル料金から減税額を差し引いた金額になります。

乗り出し価格:1,989,517円

乗り出し価格はおおよそ200万円になります。

ここから仮に20万円の値引きを引き出せたとしたら180万円程度になります。

やはり値引きは少しでも多い方が購入しやすくなるというのはご存知頂いている部分かもしれませんが、実際の金額を見てみると尚更少しでも多くの値引きを引き出したいと感じてしまいます。

タンク、ルーミーでオプションを選ぶならコレ

タンク、ルーミーには「パッケージオプション」が用意されております。

この中でママ世代が選ぶのであれば断然「コンフォートパッケージ」がオススメです。

コンフォートパッケージはどちらかというと室内の利便性に特化したパッケージオプションになっており、シートヒーターやドリンクホルダー、アンダートレイなどがセットになっております。

このセット全て合わせて28,080円ということなので割とお得な内容になっているのではないでしょうか。

使う方や乗る世代にもよりますがママ世代がパッケージオプションを選ぶのであればこのコンフォートパッケージが一番おすすめになります。

タンク、ルーミーの口コミ

発売から時間が少し経過し、すでに納車れている方は多数おります。

ユーザーの方はタンク、ルーミーについて実際にどのように感じているのかをまとめてみました。

・軽自動車では少し狭くなってきたため少し大きめの車を探していた所タンクが発売されました。子供が少し大きくなってもこのサイズの車であれば大丈夫だと考え購入に至りました。

・納車されてから通勤で毎日運転しておりますが、気になっていた走りに関しては全く問題ありません。

・街乗りのため購入。少し大きな荷物を買った時に軽自動車では乗らなかったものが運べるようになって非常に重宝しています。

・気に入って購入しましたが、難点が一つあります。助手席の肘掛がないという所。助手席に乗る旦那が肘掛が無いのが落ち着かないそうです。

・このサイズでこの価格でスライドドアが付いているので大満足です。

タンク、ルーミーの口コミを見ていると大体平均値以上の評価が多く満足度は割と高いようです。

一部批評があったのが男性の走りに拘りのある方の口コミでした。

どうしても1Lの排気量では限界がありますので、こういった部分を車の選択時に重視される場合は不向きな車種になります。

この車をさらに安く購入する方法

現状タンクもルーミーも15万円から30万円の値引きが相場となっており、それ以上は基本的に値引き出来ない状況です。

ディーラーとしても利益を出さなければなりませんのでこれに関しては致し方ありませんよね。

しかし、他にも車両本体から値引きをする方法があるのを皆さんもご存知なハズです。

それは現在乗っている車がある場合はこの車を下取り、買取りしてもらうことです。

今乗っている愛車ですが、割と多くの方が未だにディーラーで下取りしてもらうという事をしているようです。

買取の検討をした事がある方はどれ位いるでしょうか?

検討はしたけど、結局アクションをせずにディーラーに下取りに出してしまっている方はどれ位いますか?

これまで下取りに出していた方には非常に残念ですが、ディーラーの下取りよりも買取業者の買取価格の方が金額が高いという傾向があります。

それも少しだけではなく、場合によっては数十万円もの差がつく場合があります。これって場合によっては一ヶ月分のお給料と同じ位変わるって事になりますよね。

ではどうしたら買取価格と下取り価格を比較出来るのかと言いますと、買取相場をネットで確認するだけ。

ディーラーの下取り価格に関しては、車の試乗に行った時にいくらでも教えてもらえます。

ここで、既に買取価格の金額を知っていたらどれ位の差があるかは一目瞭然です。

これまで買取を考えていなかった方には是非一度知って得してもらいたい情報になります。

ネット査定は公式サイトで簡単な内容を入力するだけですぐに相場を確認できる仕様になっているので、どんな方でも安心して利用できてしまいます。

スポンサードリンク