トヨタヴォクシー、ノアハイブリッドとガソリン車の値引き情報!価格や燃費、競合車情報も掲載

こちらの記事ではトヨタのミニバンであるヴォクシー/ヴォクシーハイブリッド、ノア/ノアハイブリッドに関する値引き情報を中心とした内容になります。

値引き情報の他に価格や燃費、グレードや競合車の情報もお届けしております。

ヴォクシーもノアも国内を代表するミニバンとして多くの方が購入されている経緯がありますが、見た目と取り扱いディーラーだけ少し違うものの価格や燃費等は同じ内容になっております。

ヴォクシーハイブリッド、ノアハイブリッド値引き情報/競合車種/価格、グレード、燃費など基本スペック

まずはヴォクシー、ヴォクシーハイブリッド、ノア、ノアノアハイブリッドの値引き情報を見ていきます。

ヴォクシーとノアの値引き相場と限界値引き

値引き相場・・・20万円前後

限界値引き・・・30万円前後

2017年にマイナーチェンジをしているノアとヴォクシーですが、内容に大きな変化はなくモデルチェンジ後の割にはそこそこの値引きを引き出す事ができそうです。

通常はモデルチェンジ後の値引きは大きく抑えられてしますケースが多いのですが、今回のマイナーチェンジは小規模の改良に止まっております。

ただ、何の戦略もなくディーラーに行った場合には5万円程度の値引きという提示でそこからの値引きが難しくなりますので、しっかりと競合車をぶつけて商談を進めることをお勧めいたします、

ヴォクシー、ヴォクシーハイブリッド、ノア、ノアハイブリッドの基本スペック、特徴

✔︎ヴォクシー、ノアガソリン車の基本スペック

価格 246万円〜299万円
燃費 14,8km/L〜16,0km/L
サイズ 4695・1695・1825
排気量 1986CC
乗車人数 7人・8人

✔︎ヴォクシーハイブリッド、ノアハイブリッドの基本スペック

価格 301万円〜326万円
燃費 23,8km/L
サイズ 4695・1695・1825
排気量 1797CC
乗車人数 7人・8人

ガソリン車tハイブリッド車の価格が20万円から50万円まであり割と大きな価格差になります。

燃費の差はリッター9km〜になっていてこれを大きいととるか小さいととるかはユーザー次第になりますが、乗りつぶすつもりで購入されるのであればハイブリッドの選択肢は大いに有効です。

ヴォクシー、ヴォクシーハイブリッド、ノア、ノアハイブリッドの口コミ、ユーザー層

ここからは実際にこの車種を試乗された方やオーナーの方の口コミをまとめてあります。

ぜひご参考にして頂ければと思います。

・数年前に購入したミニバンからハイブリッドのヴォクシーに乗り換えました。これまで里帰りの時は一度ガソリンスタンドに寄らなければならなかったのですが往復しても少し余る程の燃費で非常に助かっています。

・CMに惹かれてヴォクシーを購入。子供と何処へ行くにも良いサイズで雪山に行くのも問題なし。キャンプもしっかり荷物を積められるので非常に重宝しています。

・セレナやノアと比較しましたが、同価格帯でリセールもよく見た目も好みだったので購入を決めました。同じミニバンの中でもデザインは抜群に良いのではないかと思います。

・独身の時にセダンに乗っていましたが家族ができたのでミニバンに乗り換え。試乗の時には気がつかなかった乗り心地はやはりセダンの方が上です。特に長距離運転に関してはその差が明らかだったのでこの辺りをもう少しどうにかしてもらいたいです。

・SUVが欲しかったのですが、嫁の了解を得られずミニバンを購入。荷物を載せる事や家族を乗せて走る利便性は非常に良いのですが見た目を考えると長方形のミニバンは飽きる。エスティマなども検討するべきでした。

・走行性能は昔のミニバンよりも良くなっているように感じる。初代ノアからの乗り換えですが嫁さん専用車となっており時々乗りますが街中を走るには十分かと感じます。

ミニバンだけにファミリー層の意見がほとんどで、独身の方の意見はあまり見当たりませんでした。

評価の分かれ目はエクステリアのデザインと思い車体を走らせるのに2Lエンジンが不十分なのではないかという部分。更に見た目に関しては好みの問題になりますが、割とどのミニバンも同じようなデザインで飽きるという意見が見受けられました。

子供が大きくなるまではミニバンに乗り続けるという方も多く、ハイブリッドの燃費に関しては非常に好評で、これなら次のモデルチェンジがあっても悔やむ事はなさそうという意見もありました。

競合車一覧

次に競合車になりますが、もちろん相手は他者ミニバンのホンダステップワゴン、日産セレナになります。

また競合の際にはヴォクシーとノアを競合させて値引きを引き出すという手法の方もおります。

ヴォクシー、ノアの競合車の価格

・ヴォクシー、ノア:ガソリン車/246万円〜299万円 ハイブリッド車/301万円〜326万円

ホンダステップワゴン:228万円〜366万円

日産セレナ:243万円〜385万円

ヴォクシー、ノアの競合車の燃費

・ヴォクシー、ノア:ガソリン車/14,8km/L〜16,0km/L ハイブリッド車:23,8km/L

ホンダステップワゴン:15,4km/L〜17,0km/L

日産セレナ:15,0km/L〜17,2km/L

ヴォクシーもノアも競合車と比較して非常にバランスが取れた車になっております。

ミニバンとしては価格、燃費などの総合的なバランスはこの2車種が非常に優れている事が分かります。

商談のポイント

ヴォクシー、ヴォクシーハイブリッド、ノア、ノアハイブリッドの商談のポイントについてはマイナーチェンジ後であっても割と大きめの値引きを引き出す事が出来ている方もおります。

商談の最終段階では常識の範囲内で自分の決めた値引き金額を営業の方に伝えてその値引きを実現できるようにしたいところです。

そこに持って行くまでに、競合車があり迷っているという所を伝えましょう。

また、ヴォクシーとノアの引き合いをそれぞれやる事でどちらの店舗が数字に困っているのかが分かります。

もしこの2つの車で迷っており、どちらの車でも良いという事でしたら値引き金額が引き出しやすそうな営業マンの居る方から購入するというのも一つの方法になります。

この車をさらに安く購入する方法

冒頭で値引きの相場と限界値引きについて触れておりますが、値引きだけがヴォクシーやノアを安く購入する方法ではありません。

どうせ安く購入するのであればトコトン安く購入出来るようにしたいと思いませんか?

限界値引きでご満足いただけるのであれば良いのですが、もう少しどうにかしたいという方はディーラーに出す下取りの車についてもう少し可能性がありますのでこの先を読み進めてみてください。

ディーラーの下取りはディーラーが損のないような価格設定を出しています。

下取りで赤字にする理由は一つもありません。

下取りをした車は基本的に買取専門店やオークションに出されます。

この間の中間マージンを得て下取りをしているという状況です。

では、この中間マージンを取られずに買取をしてくれるのはどこなのでしょうか?

勿論買取専門店です。

買取専門店であれば買い取った車を自社でそのまま出すことが出来ます。

業者としては買取をしなければ商売にならないため下取りよりも魅力的な価格をつけるのが通常となっております。

ここでユーザーがやる事は一つだけです。

ネットで買取業車で買い取ってもらった場合の金額を知るだけです。

これを知っていればディーラーとの交渉にも使えますし、もし交渉が上手くいかなかった場合でもそのまま買い取ってもらえば良いだけになります。

その価格差は数十万円にものぼる可能性があります。

この方法で実質的に車を安く購入できた場合は、もしかするとガソリン車のヴォクシーの予定だったものがハイブリッドも視野に入ってくる可能性があります。

勿論同じ内容のままであれば支払い金額は大幅に削減できることになります。

基本的にはディーラーへ足を運ぶ前にネット査定をして相場だけでも確認できればOK。

あとはディーラーに行った時に下取り価格を確認して、商談の中でそれとなく下取り価格について触れてみてください。

ここまでやっておければ最安値で新車購入出来る事は間違いありません。

下準備は1分もあれば出来るネット査定をしておくだけなので非常に簡単です。

以下そのやり方についてまとめます。

ここで下取りと買取の競合をさせるまでの流れをまとめておきます。

①ネットで自分の車の車種や年式を入力して買取相場を知っておく。

②新車の商談と下取り価格を把握する。

③買取の相場と下取りの価格を比較し下取り価格の上乗せの商談をするか買取に出す。

最近のネット査定では相場がすぐに出てきます。

公式サイトに簡単入力で上記のような結果がすぐに出てきます。

公式サイトはこちら

この流れで商談をしていけば「下取り価格」の上乗せが出来なかった場合でも買取に出せば下取り価格よりも確実に得をします。(基本的に買取価格の方が高額になるため)

車種問わずどの車を購入する場合でもこの方法は有効です。

是非活用してみてください。

スポンサードリンク