ハリアーマイナーチェンジによる変更点は?ターボ車追加、エクステリア、価格も変更

ハリアーがビッグマイナーチェンジをしました。

国産SUVの中でも非常に人気の高い車種となっており、注目度も高い車種となります。

今回のモデルチェンジは非常に多くの部分に手が加えられており、さらにターボエンジン車の追加と大幅なテコ入れが加えられております。

昨今のSUVの人気は衰える所を知らないという程の状況もあり、各社力を入れているカテゴリになります。

ハリアーはどちらかというと走りというよりは全体的なラグジュアリー感を求めるユーザーに打って付けの一台となっております。

今回はこのハリアーのマイナーチェンジに関する詳しい情報を記載しております。

ハリアーマイナーチェンジの変更点総まとめ

今回のハリアーマイナーチェンジで一番の注目点はターボエンジン車の追加になります。

マイナーチェンジとは言えパワートレインが一つ追加になりましたのでその注目度も非常に高いと言えます。

ハリアーターボは2013年にフルモデルチェンジされたハリアーのダウンサイジングエンジンを埋める為と見られており、これまでハリアーが非力だと言っていたユーザーに対するアプローチになるのでは無いかと思います。

では早速細かい変更点を見ていきましょう。

ハリアーマイナーチェンジの変更点①価格、グレードの変更

ハリアーマイナーチェンジで変更された価格を全て見て見たいと思います。

そもそもグレードの廃止と追加があったのでエントリー価格と最上位グレードの価格はだいぶ変わっています。

ガソリン車 ターボ車 ハイブリッド車
ELEGANCE 294万円 338万円 377万円
PREMIUM 324万円 351万円 407万円
PREMIUM Metal and Leather Package 359万円 385万円 442万円
PROGRESS 378万円 405万円 460万円
PROGRESS Metal and Leather Package 412万円 438万円 495万円

マイナーチェンジ前のハリアーのはGRANDというエントリーグレードがあり価格は280万円程度からとなっておりました。

今回マイナーチェンジによりELEGANCEがおおよそ300万円で、こちらがエントリーグレードの価格になります。

さらにPREMIUM Advanced Packageの代わりにPROGRESS Metal Leather Packageが設定されここの価格も上がっております。

ガソリン車とターボ車の価格差は30万円程度、ターボ車とハイブリッド車の価格差は40万円〜50万円と言った所になります。

何れにしてもマイナーチェンジ後のハリアーは価格的に見ると上昇しているという事が分かります。

ハリアーマイナーチェンジの変更点②ターボエンジンの設定

今回ハリアーのマイナーチェンジで一番の目玉であるターボエンジンの追加ですが、やはりダウンサイジングによる2Lエンジンでは不満を持つ方がおり、その期待に沿う形となりました。

実際のところ最大出力には違いがあります。

ハリアーガソリン車・・・最大出力111kw

ハリアーターボ車・・・最大出力170kw

加速がだいぶ違ってきておりますのでよりスポーティーな走りを体感したい場合にはターボ車の選択をされるのがよろしいかと思います。

ターボエンジン車の燃費は2WDが13,0km/L、4WDが12,8km/Lです。

ハリアーマイナーチェンジの変更点③エクステリア、インテリア

フロントグリルのデザインが少し変更して鷹のエンブレムの所にうまい具合にレーダーが埋まっており、フロントライト、フォグライトのデザインも一新しております。

リアのデザインも少し変更されテールランプはLEDがしっかりと入れられています。

さらに最新のシーケンシャルターンランプが設定されました。

細かい変更になりますが、車全体のデザインに手を加えられています。

インテリアのカラーですが「ダークサドルタン」が追加になりました。

いわゆる茶色になります。

非常に渋いカラーで人気が出ること間違いなしでしょう。

代わりにベージュが廃止になりました。

オーソドックスなカラーでしたがあまり人気が無かったのでしょうか。

ハリアーマイナーチェンジの変更点④安全装備セーフティセンスP

ハリアーはマイナーチェンジで安全装備のセーフティセンスPを採用することになりました。

内容は

・プリクラッシュセーフティシステム

・レーンディパーチャーアラート

・アダクティブハイビームシステム

・オートマティックハイビーム

・レーダークルーズコントロール

・インテリジェントクリアランスソナー

・ドライブスタートコントロール

・ヒルスタートアシストコントロール

・自動防眩インナーミラー

・緊急ブレーキシグナル

・車両接近通報装置

・雨滴感応式フロントワイパー

と一部省いて挙げさせていただいてもこれだけの量の装備がセットになっています。

昨今の車の改良点は当時燃費を重視してきた所から少し変わって安全装備に注目が集まっております。

運転は現状人の手で行いますが、少しでも車自体が事故を未然に防ぐようになると良いですね。

ハリアーマイナーチェンジまとめ

大幅な改良ということもありかなり注目度も高く、ターボエンジン車が追加となったことでこれまで囲い込めなかったユーザーへのアプローチもしっかりしております。

デザインにもテコ入れが入ったためマイナーチェンジ前後の見分けもしっかりつくようになっております。

スポンサードリンク